スポンサーサイト

  • 2014.01.16 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    厄除け

    • 2013.08.28 Wednesday
    • 15:30

    新居に来てからちょうど1年。この夏、奈良の安倍文殊院で入手した厄除けで我が家の玄関に結界を張った。そして、大神(おおみわ)神社で入手した“清めのお砂”で部屋の四隅に砂を盛ったのであります。安倍晴明陰陽師と大国主神(おおくにぬしのかみ)のコンビってキン肉マンで説明すると悪魔将軍と阿修羅マンのコンビぐらい最強なのです。

    「安倍文殊院」

    「大神神社」








     

    河原町丸太町 “食堂ほかげ”

    • 2013.08.06 Tuesday
    • 22:47

    久しぶりの京都。
    「河原町丸太町に美味しいお店がある」と妻に教えてもらい、河原町丸太町へやってきた。学生の頃はよくここを自転車で通って四条河原町に出向いたものです。気づいたのは、この界隈に大人が楽しめる飲食店が増えていたこと。

    さて、河原町丸太町の交差点を北へ100mほど上ったところにある「食堂ほかげ」が今夜の目的地。どんな料理が楽しめるのでしょうか。

    豆腐の味噌漬け
    濃厚なお味噌の味が口の中にひろがる。
    思わず「おお〜っ!」と声が出てしまいました。


    蛸とトマトの青じそあえ
    表現が乏しくて申し訳ないのですが「美味!」
    鴨川の流れのように爽やかな一品。青じそのソースだけでパスタ食べれる!(笑)


    鱧(はも)のあぶり
    プリプリの鱧を梅とわさびでいただきます。
    歯ごたえがたまりません、このへんで日本酒へスイッチ。


    利き酒セット(3種)自由に選べます。
    私たちが注文したのは滋賀のお酒
    ・浅芽生 特別純米 渡船六号
    ・大治郎 純米 生酒
    ・一博 純米うすにごり


    海老とゴボウのがんもどき
    こんながんもどき食べたことがない。揚げ具合が絶妙です。


    長芋のわさび漬け
    ひんやりサックサクでワサビがツーーーーン!
    バリバリ食べてお口の中もスッキリ、油物の後に食べるといいかも。


    肉じゃが
    煮込みすぎず素材の歯ごたえをそのままに。
    小料理屋、割烹料理屋の「肉じゃが」なのです。


    鯖きずし
    うんまーい!味わい深く、舌が喜んで震えています。
    自信をもってオススメできる一品。


    利き酒セット(3種)自由に選べます。
    またまた注文した滋賀のお酒
    ・松の司 純米吟醸 楽
    ・神開
    ・喜楽長 辛口純米吟醸


    万願寺とうがらしと海老の詰め揚げ
    プリプリの海老を万願寺でいただくという、なんともオツな一品。
    アラレが効いて美味すぎます。口の中はたいへんなことになっています。


    とうもろこしのかき揚げ
    隣のお客さんが食べているのを見て思わず注文。
    これまた・・・もう、言葉になりません。。。美味い。。。


    山椒のバニラアイスクリーム
    山椒が効いたアイスクリーム!京都名物“山椒アイス”認定します。


    ごちそうさまでした。
    感想をいいますと「このお店の料理、ぜんぶもってきてー!」
    ・・・残念な表現で申し訳ありません。
    どれを注文してもハズレがなくて、友人を連れてくるには申し分ないです。

    気軽に入ることができるカウンターしかないお店です。
    まだオープンして1年くらいだそうです。
    ホームページやブログはありません。いいじゃないですか。。。

    京都で、河原町丸太町で、
    美味しいお店は?と聞かれたら、私は「食堂ほかげ」と答えます。

    旅の最終日、京都を去る間際に入店したお店でしたが、
    心おきなく京都を去ることができたのも、美味しい料理に出会えたからでしょう。





    龍安寺

    • 2013.08.06 Tuesday
    • 17:25

    金閣寺と龍安寺は京都の中でも観光客が半端ないので学生の時から避けてきたんだけど、ようやく平日にとった夏休みに、比較的空いてる“龍安寺”を満喫できました。しばし庭園と会話を楽しむ。





    京都・圓徳院

    • 2013.08.06 Tuesday
    • 03:23

    只今、圓徳院で心をしずめております。


    奈良ホテル

    • 2013.08.04 Sunday
    • 03:03

    奈良にいながらこの建築を経験していないなんて・・・奈良県民が東大寺大仏殿を見たことがないと言ってるのと一緒!天皇陛下ご用達、奈良ホテルでございます。


    はい、喫茶ルーム。
    この部屋でアインシュタインがピアノを弾いたことで有名です。


    箱根の富士屋ホテルとはまた少し趣が違った格式があるといいますか・・・いやいや、味わい深い建築でございます。世界遺産になってもいいのではないでしょうか。。。


    A.レーモンドが設計した教会が奈良ホテルにあることはあまり知られてない!(汗)





    コリウス武蔵境

    • 2013.07.26 Friday
    • 02:23

    JR中央線の武蔵境駅より北へ徒歩5分ほど行ったところにあるお洒落なカフェ“コリウス武蔵境”で珈琲タイム。武蔵境駅界隈でもかなり落ち着けるカフェのひとつで、ランチやディナーもやっています。お会計の際、店員さんから一輪のお花を頂きました。「奥様にどうぞ」ですって・・・嬉しいもんです。一輪の花を握り締めて家に帰るまで・・・それなりに注目されてしまうんだけど、最近は悪い気はしない。。。もっとマネしてください。(笑)


    「コリウス武蔵境」http://www.coleus.jp/

    ステキなお花のプレゼントに感謝します。妻も大喜びで、今度夫婦で食事に行くことにしました。





    吉祥寺 “千川寄席”

    • 2013.07.15 Monday
    • 18:30

    吉祥寺では珍しい落語です。
    武蔵野公会堂の大ホールで千川寄席を堪能しました。
    本日の演者さんはいずれも個性派ぞろい。

    古今亭今いち (ここんてい いまいち)
    一龍斎貞友 (いちりゅうさい ていゆう)・・・有名な声優さんでもあります。

    2時間で1,500円(前売)は安い!
    値段が安いと落語の質を疑いますが、なんのなんの。主催者の皆様の努力のおかげです。小さなお子様連れでも楽しめるようなネタで終始大爆笑の2時間でした。吉祥寺の駅前で落語を楽しめるっていいですね〜。演者さんを身近に感じることができるし、地元出身の落語家さんを応援できますし。また来ますね!





    アボガドレモンクリームペンネ

    • 2013.07.14 Sunday
    • 10:27

    アボガドレモンクリームペンネ
    http://cookpad.com/recipe/2256691

    久しぶりに妻の本気料理をいただく。
    普段の料理は夫である私が担当しているのじゃが、格の違いを見せつけられた。まだまだ及ばん・・・。







    調布 “手紙舎”

    • 2013.07.13 Saturday
    • 10:31

    京王線つつじが丘駅から南へ10分ほど歩いたところにある“手紙舎”さんにやって来ました。つつじが丘の本店です。とってもカワイイ空間がこんなところにあるのか〜っていう感じでビックリ。(団地の中にあるので)隣の駅の柴崎にも店舗があります。カフェと雑貨を満喫できます。


    お料理は予約してから行きましょう。
    きっと、スペシャルな料理が待ち受けていることでしょう。







    “傘なし贅沢指数”と“雷様”

    • 2013.07.10 Wednesday
    • 20:29

    連日のうだるような暑さ・・・猛暑到来です。気温は朝方の出勤時ですでに27℃近くあって、数時間後にはあっという間に30℃を超える。夕刻頃からは雲行きが怪しくなってきて、どこからともなくゴロゴロと・・・雷の音が聞こえてきます。雷、そして突発的に発生するゲリラ豪雨・・・晴れていても突然雲行きが変わるために、ちょっとスーパーで買い物をしていただけでもお店を出ればじゃじゃ降りとか・・・この数日こんな日が続いています。洗濯物を干すのも大変だし、自転車を使う学生さんや社会人のみなさまも、毎日天候が読めずにストレスが溜まっているんじゃないでしょうか。

    家から学校や職場に移動する際、雨の心配をせず傘いらずで生活ができれば、衣服や靴を濡らすこともないし、とっても便利だと思いますよね?その恩恵に授かっている人も、もしかしたらいるんじゃないでしょうか。私は考えるのです、都市生活者にとってマンションや戸建住宅が建つ場所から主要な目的地まで、天候に左右されず、スムーズな移動が可能である場合、それは立派な資産価値、不動産価値であると。駅まで、職場まで、スーパーマーケットまで・・・傘を持たずに生活することの利便性は、もっと評価されてしかるべきだと。マンションや戸建住宅の目の前が駅だと当然評価は高くなりますが、それはあくまでも距離的な利便性の話。屋根付の商店街などはいうまでもありませんね、大阪市北区にある天神橋筋商店街は日本一長い商店街として有名ですが、地下鉄やJR各線4〜5駅が利用できます。この利便性は屋根が続いていることで評価され、差別化されるべきものです。屋根があるかどうか・・・とても重要になってきます。

    傘をつかわずに我が家まで、都心の主要部から、もっとも遠い自宅まで、駅舎の屋根をくぐり抜け、バスに乗り、あるいは商店街を歩いて、傘なし、雨具なしで移動できる距離をカウントするとします。これを仮に「傘なし贅沢指数」と考るとします。例えば、新宿から電車で45分、駅からバスに乗って15分、バス停前が我が家だとすると・・・その1時間が「傘なし贅沢指数」となるわけです。なにをバカなこと言ってるの?と思われる人がいるかもしれませんね。でも、その恩恵でどれだけの時間と労力を使わずに済んでいることでしょう・・・。小さなお子様をベビーカーに乗せて雨の中を移動するのに、どれだけの準備が必要かご存知でしょうか?びしょびしょに濡れた衣類を乾かすのにどれだけの時間と労力が必要なのか、そして靴、雨が高級な靴を傷める原因になってしまいますし、雨だから諦めないといけないコーディネートだってあるのです。時間は誰にでも平等であるべきですが、都市生活者は、時間を有効に活用するために多大な労力やコストを注ぎ込んでいるのです。
    この、一般的には目に見えてこない「傘なし贅沢指数」を数値で表し目に見えるようにすることで、まちの見え方も異なってきます。ベビーカーで移動する人が、駅の改札やホームまで、エレベーターで移動ができない駅に住みたいと思うでしょうか?それと同じように、住環境を選択する際に「傘なし贅沢指数」が選択肢のひとつとして配慮されてもいいのではないでしょうか。
    不動産広告の中に「駅直結」や「ダイレクトアクセス」というような、駅と住まいが繋がっている場合に用いられるフレーズがあります。都心部のマンションは地上や地下で駅とマンションが繋がって開発されているケースがありますよね。利便性=不動産価値であることは立証されているわけですから、都心部から郊外までの移動で傘いらずであるということも不動産価値といえるでしょう。


    雷が近くにやってきて、恐ろしくて移動できない待ち時間・・・落雷を避けるために身の安全は当然守らないといけません。でも、その時間を楽しく、有効に使えるとすれば・・・嬉しいですよね。雷が鳴っても「あら、雷様がやってきたのね。」ぐらいにしか感じない、高木ブーとその一味を連想する余裕・・・ステキでしょう?





    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    今年もよろしくお願いします。

    約半年ブログを放置してました。(汗) これからポツリポツリ地道にUPしていきますので よろしくお願いいたします。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM