スポンサーサイト

  • 2014.01.16 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    カール・クレイグの作品集が初CD化!

    • 2013.03.31 Sunday
    • 01:12

    デトロイトテクノはお好きですか? カール・クレイグという天才がおるんですが、19歳〜21歳のときに既にこの音を出しているんですね、同じく天才と呼ばれているディレック・メイの影響を受けたとはいえ、すでに師匠を超えているかと思われます。

    アルバム「PSYCHE BFC」より。

    Elements  : 「スーパーマリオ」でコインをゲットしたようなピコーン!って音がクセになります。どちらかというと「くるくるランド」のピコーン!に近いかな。From Beyond : お姉さまのダンスがすべてです・・・。(汗) Galaxy  &  It's a Shame  名盤復活。Please Stand By  :  Chicken Noodle Soup そして D.Funk 

    現代のテクノと比較しても遜色なく聴けますし、むしろ音の作り方に関していえば、昔の人のほうが上手かったように感じます。

    昨年、私がUPしたディレック・メイ師匠の記事、
    ここで代表作「Strings Of Life」を聴いてちょうだい。






    吉田沙良・ものんくる

    • 2012.12.24 Monday
    • 20:40



    クリスマスの夜、吉祥寺の商店街を歩いていたらjazzyな音楽が聴こえてきました。ジャズバンド“ものんくる”のヴォーカル・吉田沙良さんの歌声。思わず夫婦で立ち止まりウットリ。ビシビシ来たァー!!! ライブが終了したら沙良さんから直接アルバムを購入、今日に限ってメチャクチャ寒くてたいへんだったでしょう、ステキな音楽をありがとう。今ではすっかりお気に入り。応援してるよ!!!

    http://jp.myspace.com/video/1004947893/2012-5-17-thu-motion-blue-yokohama-pv/108688576
    http://www.youtube.com/watch?v=CshJfmtgJpY





    夢の競演

    • 2011.05.11 Wednesday
    • 16:13



    新日本プロレス全日本プロレスプロレスリング・ノアのメジャー3団体が中心となって、「東日本大震災復興支援チャリティープロレス」を8月末に東京・日本武道館で開催することが発表されました。3団体が夢の競演、かつてジャイアント馬場とアントニオ猪木が夢のタッグを実現しましたが、それ以上のことが起こるのです。これは是非ともTV中継してもらいたい。そして私はなんとしても試合会場に足を運ぶぞ、生きているうちに小橋建太に会いたい。

    現役プロレスラーを何人くらいご存知でしょうか?武藤敬司蝶野正洋は知っていても、それに続く選手が思い浮かばない人は多いのではないでしょうか。そして、藤波辰爾長州力はまだ現役だったりすることもご存知ないのではないでしょうか。プロレス中継は深夜ですら放送されなくなってきたので、人気は低迷する一方です。

    今回の試合はチャリティイベントです、経費以外はすべて寄付されます。それはとても素晴らしいことです。シートは10万円でもいいでしょう。

    力道山は戦後の日本を背負い、ジャイアント馬場やアントニオ猪木、タイガーマスクは高度成長期の日本を元気にしてくれました。日本を背負ってくれる人、私にはそれが誰だかわかりません。だから8月の試合で見極めようではありませんか。

    サンタウルス

    • 2010.12.26 Sunday
    • 20:45




    仕事そっちのけで漫才鑑賞。笑って飯を食べれましたねオメデトウ!同郷の私としては笑って飯を食べる方を応援しておりましたのでよかったよかった。我が家のサンタさんもご満悦なのです。
    私が営業で成功するには“漫才”や“落語”はかかせません。自称関西弁が喋れない関西人ですが、それを言うと妻や友人には否定される。語尾はともかくとしてイントネーションは騙せないようだ。でも、お客様はビックリされます「関西の方だったのですか?なんでやね〜ん」って。


    奈良県立歴史民俗博物館

    • 2010.12.08 Wednesday
    • 00:09




    奈良県立民俗博物館は金魚で有名な大和郡山市に実在しています。そこには、奈良時代の民俗を紹介する展示コーナーが数多く設置されており、人形が電動で動き、当時の生活の様子を再現しているリアリティある博物館です。正月に奈良へ帰省するので、妻を是非とも案内したいと思っていた由緒ある奈良の名所であります。
    さて、もうひとつ奈良県立歴史民俗博物館を紹介したいと思います。年末になると必ずこの博物館を思い出しまいます。百聞は一見にしかず、映像でお楽しみください。「奈良県立歴史民俗博物館」(2003)
    昨年は笑って飯を食べれました。「鳥人」(2009) 今年も笑って飯を食べたい。


    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    今年もよろしくお願いします。

    約半年ブログを放置してました。(汗) これからポツリポツリ地道にUPしていきますので よろしくお願いいたします。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM