スポンサーサイト

  • 2014.01.16 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    オランダ王国大使館

    • 2013.11.04 Monday
    • 17:56


    東京デザイナーズウイークで公開されたオランダ大使館。粋な演出です。



     

    11,111人

    • 2013.03.15 Friday
    • 23:27


    フォロワーさんが11,111人を突破しました。
    有難うございます!

    ぼやき中心でここまでくるとは・・・社会的責任を感じる今日この頃。脱線したコメントをツイートすると、フォロワーさんが減ったり増えたりするので、レスポンスが分かりやすくて面白いです。もしよろしければ、フォローしてみてください!

    話しかけていただいたり、質問等々ご自由にどうぞ。ただし、自社商品の宣伝とか、アフィ系はご遠慮いただいております。出社時および帰宅時がメインで、仕事中はお昼休みや休憩時間にツイートしています。

    昨日はTPPで取り乱してしまいました。北野誠さんが私のツイートを“☆お気に入り”してくれましたが、昨今のジャーナリズムは機能しておらず、壊滅状態かと思われます。私たちがSNSを駆使して活路を見出さないと未来はありません。(たぶん)

    無関心が人を殺しています。選挙やデモで社会は変わりません・・・他人任せでは変わらないのです。変革する社会の特等席へ! with @aguridog

    新聞やテレビの情報では物足りない方々におススメいたします。













    ミミクリーペット“ハム夫”

    • 2012.01.04 Wednesday
    • 01:59




    久しぶりに帰郷して、母親から頂戴したありがたくない人形。
    なんだこれは・・・近所のおばさんは全種類購入したとかで、
    母親も白いウサギを一匹購入しておりました。

    どうやら、癒し系アイテムであるには間違いない。

    説明書をよく見ると電池を入れろと記載してある。
    電池を入れたら、我々の声を拾って動きながら喋り返してきます。

    「ミミクリーペット」
    http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/mimicry/index.html#mimi01

    今ではすっかり我が家に馴染んでしまい、名前まである。

    その名は「ハム夫」だ。 これからもよろしくどうぞ〜

    すっかりメーカーの術中にはまってしまったぞ。
    恐るべし戦略だ。




    エルメス・セーヴル通り店

    • 2011.06.18 Saturday
    • 23:14




    パリにいて、あのオレンジ色を見れば誰もがエルメスだと理解できます。パリの本店に行かれた方も多いでしょう。でも、最近オープンした左岸のセーヴル通り店は、本店とはずいぶんと嗜好が違います。サンジェルマン・デプレを散歩中に偶然見つけた新しい店舗、その空間の豊かさを思う存分に利用して、衣類や鞄だけではなく、食器にグラス、観葉植物、雑貨のすべてにいたるまで・・・インテリアとしてのエルメスを自由にアピールしています。ブランド音痴な私ですが、このようなブランドの展開は日本だけではなく、世界共通のビジネスモデルになっているのでしょう。

    「エルメス・セーヴル通り店」(建築家:ドゥニ・モンテル)
    http://lesailes.hermes.com/jp/jp/519-266_Rive_Gauche

    「エルメス・サローネ国際家具見本市」(建築家:坂茂)
    http://arq4design.com/2011/06/04/i-saloni-carton-papel-y-madera-by-hermes/

    数年前から職場でもよく口にするのですが、信頼されているブランドは異業種へと飛躍することができます。無印良品が家を販売するように、信頼されたものを通して得られる安心感を、空間にまで拡大させ、ユーザーを引き連れて成長しているのです。ブランドの戦略とはいえ、ご贔屓ユーザーからすれば受け入れやすく好ましいことなのかもしれません。たとえばFrancFrancが分譲マンションとコラボレーションして販売されている広告を見た方もきっとおられることでしょう。大きな買い物にブランドメーカーが窓口となって一役買っているのです。

    「オリックス不動産+無印良品」http://shiroikomachi.jp/?iad=muji

    今は同業他社と競っている場合ではありません。異業種の会社が突然私たちの目の前に現れる時代に突入しています。たとえばヨーロッパでは自動車メーカーが提案するキッチンとか・・・ポルシェがキッチンを販売していますよね、そういったことが日本でも主流になるかもしれません。自動車メーカーの本田技研や家電大手のシャープなど、数社が太陽光パネルを皮切りに住宅産業に介入しているので、そのうち家まで開発してしまったりするかもしれません。

    「ポルシェデザイン」http://media.excite.co.jp/ism/120/01.html

    逆に、現存する住宅メーカーは、そのブランディングに苦労している様子が窺い知れます。どこも同じものを販売しているように思えてなりません。使いやすいキッチンやユニットバス、タンクレスのトイレ・・・これらは住宅メーカーの努力ではなくって、住宅設備メーカーの進化によるものですから、ハウスメーカーを選ぶことはあまり重要なことではなくなってきているのかもしれませんね。

    他社との差別化ができていて、特定のお客様のライフスタイルにフィットすればブランドが成立するわけです。ちょっと面白い会社だなぁと思ったのはBESSかなぁ。

    「BESS」http://www.bess.jp/

    日本の住宅設備は世界トップクラスです。でも、それに頼ることなく提案するライフスタイルや建築そのものの技術力、デザイン、コンセプトでお客様を満足させることができないと、その時点でブランドは消滅していることになります。大きな買い物をしようと思っていても、人によって選ぶ理由は様々ですし、他人の行動を真似したところで自分にはしっくりこないかもしれません。悩みどころです。

    ご贔屓ブランドの絶大な安心感が、覚悟を決めかねている人々に対して、仲人役として肩を押してあげる役割を担っているのでしょう。でも、エルメスの場合、ブランド力を高めるためにインテリアを活用しているように思われますので、エルメスが家を発売することはないでしょう。でも、そこにビジネスチャンスが産まれるのなら、エルメス色の住宅街もありえない話ではありません。

    ブランドの力って脅威なのです。





    羽田空港

    • 2011.05.17 Tuesday
    • 19:20



    2010年10月にオープンした羽田空港国際線旅客ターミナル

    JR山手線浜松町からモノレールで13分で到着してしまう。
    駅の改札を抜けてから飛行機まであっという間に辿り付きます。
    ダイレクトアクセスとはまさにこのことだろう。
    出発直前までバタバタと働いていた我々にはものすごく助かりました。

    規模は小さいけど、この利便性は世界に誇れます。

    都心に住む6月号特別付録

    • 2011.05.13 Friday
    • 21:39



    先日、新宿の京王デパートで「男の大市」スーツ2着25,000円の広告を発見、妻を引き連れ「買って買って」とダダをこねたのですが、私の体に合う服が見当たらず引き返すハメに。せめて靴べらでもと思い、見て回ったのですが・・・好みの品が見当たりませんでした。
    そんなこんなで時が経っていましたが、今日コンビニで靴べらを発見、しかも雑誌の付録って。リクルート発行の「都心に住む」2011.6月号。プラスチックの薄っぺらい玩具のような靴べらかと思いきや金属製でスーツブラシ付きだ、嬉しいものです。



    訪問先の玄関で、携帯電話みたいにパカっとやればいいわけです。
    でも、なんで雑誌の付録に靴べらなのかというと、「モデルルームでお役立ち!」だそうな。
    マンションか一戸建てか。迷う都心の選択に靴べらは欠かせないものなのだろう。
    でもこの付録、いいアイデアだと思います。個人的にも助かった。
    ただし、靴べら表面に 「都心に住む」 というタイトルが入ってますので、その決意のほどは各自お確かめ下さい。

    LUMINEに思う

    • 2011.02.15 Tuesday
    • 22:33




    新宿駅ビル群の中でルミネ(LUMINE)はひときわ女子のハートを掴んでいます。
    全国展開しているブランドショップはもちろん、オリジナルショップも多数、新宿店だけでも180以上のテナントが入っています。これだけテナントがあると、きっとお気に入りのアイテムも見つかるハズ。仕事帰りの女子はONOFFをこの駅ビルで切り替えているのでしょう。深夜になっても客足が途絶えない、日本の景気を支える女性労働者のオアシスです。

    久しぶりに妻がルミネに行くと、お気に入りのテナントがことごとく閉店していたらしい。
    毎年恒例で、ここはテナントの入れ替わりがとくに激しい。
    調べてみると、全テナントの10%程度は毎年閉店、新たなテナントに入れ替わるシステム。なんとも手厳しい。その厳しさから店頭のスタッフも入れ替わりが激しいようだ。
    目先の競争原理に追われることで、会社もスタッフも頑張らないと生き残れない。
    180近いテナントの中から、お客様に上手に選ばれないといけません。

    試されるサービスやアイテム、そして上手に選ばれる方法や戦略は、ルミネに数多く見出すことができます。ポイントが貯まると食料品と交換してくれたりする。服を買って米が届くのです。華やかな買い物をする傍ら、生活そのものへの配慮も欠かせない。







    ご挨拶

    • 2010.12.16 Thursday
    • 23:59




    ご挨拶
    早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。
    皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
    本年は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。
    来年も、少しでもサービスの向上を図るよう、誠心誠意努力する所存ですので、
    より一層のご支援を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げます。

    尚、当社の年末年始の休業期間は下記の通りです。

    〔年末年始休業期間〕 12月28日〜1月3日

    新年は1月4日9:00より営業開始となります。

    時節柄、ご多忙のことと存じます。くれぐれもお身体にはご自愛くださいませ。
    来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、
    歳末のご挨拶とさせて頂きます。
                                     AGURI DOG 代表


    不動産広告

    • 2010.12.03 Friday
    • 00:08




    不動産広告には交通網とのリンクは欠かせない。都心部で言えば、環状線(JR山手線)から外側に行くほどその利便性には懐疑的になるのは当然ですが、広告によって意外な街を発見することもある。新たな利便性を発掘することができれば、不動産価値としてもユーザーは安心感を覚えることができる。
    「大きな買い物だし、まずは現地に足を運んでみよう」・・・初めて訪れる土地、やみくもに歩き回ったところで歴史なんてわかるハズがない。だから不動産広告主導でタウンガイドが作成され、モデルハウスに来場した顧客に手渡される仕組みになっている。そこで強調されるのは「由緒ある土地」であること。歴史が顧客を満足させることは、広告の手段としては常套ですが、裏返せば由緒ある街であることを強調した時点で、現代の我々が目にする街は歴史上の脈絡からすでに切り離されていることも証明しています。
    そもそも、武家屋敷や藩邸があったような土地では、今でも不動産価値は高価に扱われて、不動産は歴史から切り離せないものであるという“日本的な”通説を、赤坂や六本木、麻布、JR山手線内側の随所で証明してきました。
    歴史、土地の脈絡・・・特別な場所を作り上げるための言葉ではありますが、なぜか分譲マンションは周辺環境とは隔絶するように作られる傾向にあります。大規模開発によって大きな道路には街路樹が作られ差別化をはかり、地域のコミュニティをも分断させます。敷地の中に部外者は簡単に立ち入ることができないよう最新のセキュリティー設備を備え、オートロックは当たり前。共用玄関の意匠はプライドを感じさせるハイグレードな仕様に施される。そして圧倒的な量塊。
    そうか、これは現代の武家屋敷、藩邸なのか・・・歴史を遡るかのように集まって住むことが現在のステイタスなのか。同じ価値観をもつ人々が、ひとつの敷地に集う理由、裏打ちされた広告戦略によって見事に操作される顧客の幻想、日本のビジネスモデルがまたひとつ、海を渡ることができるかもしれない。(希望的観測)

    ジョン・スミス大佐

    • 2010.08.29 Sunday
    • 00:45




    銀座ソニープラザに小さな水族館ができてて、その水槽越しに外の景色を眺める・・・でも、今日の目的はこれじゃない。
    念願叶って特攻野朗Aチーム見に行きました。いや〜面白かった!初めて見た人も昔のテレビシリーズ見たくなりますよね。ジョン・スミス大佐も作戦が冴えていてファン納得の映画でしょう。(チーム4人の紹介)
    事前に「最後のテロップが流れた後にちょっとお得な映像もありました^^」って情報をいただけたから・・・知ったかぶりで妻に自慢(笑)感謝です。


    ハイ、では明日から鼻歌でこの音楽奏でてください。
    てーてれってーてててー
    http://video.fc2.com/content/20100612SMQe6QQG
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm7230137
    http://aguri-dog.jugem.jp/?eid=96(Aチームブログ)

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    今年もよろしくお願いします。

    約半年ブログを放置してました。(汗) これからポツリポツリ地道にUPしていきますので よろしくお願いいたします。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM